【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック

誰でもレーシック手術の知識を持っていない人というのは、手術をすることに対して少々怖さを感じるかもしれません。
手術ですのでリスクはありますが、そのリスクを最小限にするために優良レーシッククリニックを選ぶようにしましょう。レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 



【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシックブログ:31-7-20

以前、おれが行っていたのは、
置き換えダイエット。

24時間3食のうち、1食または2食を
通常の食べる事の代わりに
低カロリーな食品へ
食べる事を置き換えるというダイエット法です。

置き換える食品はいろいろありますが
どの置き換えダイエットについても共通して言えることは、
リバウンドしやすいダイエットだということです。

1食分の食べる事を
低カロリーな食品に置き換えるので
一時的には痩せることができます。

でも、置き換えダイエットを続けていくと
総摂取カロリーは抑えられますが、脂肪とともに筋肉も減少するので
基礎代謝が下がってしまうんです。

基礎代謝が下がると
体が省エネモードになって、
消費エネルギーが低下するので
以前と食べる量が変わらなくても太ってしまいます。

なので、
置き換えダイエットを始める前よりも
太りやすい体になってしまうのです!

置き換えダイエットって
一生続けられるものではありませんよね?

止めた時から
リバウンドの落とし穴が待ち構えています。

また、
食べる事を置き換えることで
食べられない我慢からストレスが溜まると思います。
このストレスも、過食となるなど
リバウンドを引き起こす要因になりかねません。

長続きしない上、得られるものは
基礎代謝が落ちて、太りやすくなった体だけ…

頑張ってダイエットをした結果
リバウンドしやすい体になってしまうのです!

その理由に納得できましたが
ダイエットを頑張ったのに、太ってしまうなんて…
怖いですよね!

評判の良いダイエットだからと言って、
何でも飛びつかず
健康的に痩せられるダイエットを見つけましょうね!