【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック

誰でもレーシック手術の知識を持っていない人というのは、手術をすることに対して少々怖さを感じるかもしれません。
手術ですのでリスクはありますが、そのリスクを最小限にするために優良レーシッククリニックを選ぶようにしましょう。レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 



【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシックブログ:01-7-20

脂肪のつき方をくだものの形にたとえて、
尻やももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
ウエスト回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的に減量ができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食べる事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、ショートケーキ、おやつなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやライスから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

体操面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食べる事面では
ライス、パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、お酒は控えめに
くだものは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからライスを食べるようにして、
ライスの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

体操面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素体操が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、ウエスト回りがすっきりしますよ。