【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック

誰でもレーシック手術の知識を持っていない人というのは、手術をすることに対して少々怖さを感じるかもしれません。
手術ですのでリスクはありますが、そのリスクを最小限にするために優良レーシッククリニックを選ぶようにしましょう。レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 



【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシックブログ:06-11-20

1週間前、友人夫妻と会った。
元々ムスコたちの保育所での関わりがお付き合いの始まりだったが、
娘たちが成長した今は
むしろ親同士の付き合いの方が深くなっている。

娘たちの成長が
そのままおれたちの付き合いの
長さと深さを見せてくれている。

友人夫妻に会った理由は、
高校卒業を控え中退したおれの長男が
彼らの経営する会社に勤めることを
双方で考えてのことだった。

しかし、
おれもその話に同席させてもらうことになったのは
あとで思うと社長である友人の
深い配慮の上だったのではないかと感じている。

おれたちが住む神戸の真ん中には「在日」の方が多い。
友人一家もまたそうである。

この一家が在日韓国人であることは
付き合いが親密になった頃には知っており、
何時どういう経緯でそのことを聞いたのかさえ覚えていないが、
友人一家の長男・次男(我が家の二人のムスコとそれぞれ同級生)と
うちのムスコたちの会話を今でも覚えている。

「僕は日本の名前がこれ(普段使っている名前)で、
韓国の名前はこう書いて、日本語の読み方でこんな風に読んで、
韓国の読み方もあるねん。
お母さんは(韓国の)苗字が違っていて、こんな名前やねん」

「へぇっ!!すごいなあ!ええなあ、いっぱい名前があって何かかっこええわ」

これはムスコたちがまだ保育所に行っている時代の会話なので、
語弊があったらご容赦いただきたいが、
聞くとはなしに聞きながらある種の感慨を憶えたものである。

おれが現在住んでいる地域は
娘の頃からの住居とほぼ同じだが、
いろんな人生経験を幼少時代から持っている生徒が多い地域だと思う。