【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

少し前まで手術をすることで視力を回復させることが出来る安全な方法は確立していませんでしたが、今ではそれが出来るのです。
しかも安全性も年々高まったきており、日本全国多くのクリニックで安心してレーシック手術を受けることが出来ます。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。

 

インギングの案内
http://www.luxrous.jp/html/company.html?code=Luxrous
インギングの詳細



【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18-2-20

前、ふた月振りにママが帰ってきた。

「お父さんの還暦祝いをするんだけど、来てくれる?」

父の勤務地が変わって、
ママは父と大阪へ行ってしまった。
そして、ママはときどき一人で大阪に帰ってくるのだ。

ママが戻る日…
ボクは仕事で休めなそうにないから無理だと言うと、
ママは寂しそうな顔で家を出ていった。

ボクは家で一人ぼっちになると、
ママには悪いことをしたなぁ…と後悔した。

沈んだ気分を吹き飛ばしたくて
ボクはテレビをつけた。

司会者とゲストが楽しそうにおしゃべりしている。
その遣り取りで、
ボクはゲストが司会者から電報を受け取っているのが気になった。

「そういえば、電報という手があるな!」

父の還暦祝いに、
ボクは真っ赤な鳳凰が羽ばたいているデザインのカードを選んで、
メッセージを添えて贈ることにした。

父の還暦祝いが行われた翌日、
ママから電話がかかってきた。
ママの声はいつもより弾んでいた。

「ありがとう。電報届いたよ。
感情をあまり出さないお父さんの久しぶりの笑顔が見れたわ」

「お父さん、喜んでくれたんやな」

「当り前よ。お父さんね、メッセージを読んでからしばらくの間、
鳳凰にみとれていたわ」

おしゃべり好きのママの話はいつものように脱線し、
なかなか話が尽きなかったが、
ようやく電話を切ることができた。

ママの声が聞こえなくなると、
今度は父の姿が浮かんだ。

今頃
座敷に胡坐をかいて愉快な顔で
父はお酒を飲んでいるのかなぁ…

その横で、あの真っ赤な鳳凰は羽を休めていることだろう…